子どもと向き合えていますか?

小学校に入学するのを楽しみにしているお子さんは多いですよね。我が子の成長に期待を寄せる親御さんも少なくありません。しかし、小学生になると難しい悩みや問題に直面することもあります。

小学生の子供が直面する悩みや問題について、多く寄せられる相談をいくつか挙げてみました。小学生の子育てに関する悩みや問題の原因と、その解決方法を紹介します。

子どものワガママ

子供のわがままに頭を抱えてしまう親は少なくありません。あまりにも言うことを聞いてくれないので、つい親も感情的になってしまいます。子供のしつけには神経を尖らせてしまいますよね。ここでは、子供が言うことを聞いてくれない原因と対処法について、わかりやすく紹介します。


子供が言うことを聞かない原因

①親が子供の話を真剣に聞こうとしない

小学生に満たない幼い子供には、親が手厚く面倒をみてあげなければなりません。子供はまだ自分で状況を判断するのが難しいので、親の判断に委ねられる部分が多いです。しかし、ある程度の年齢になると、子供は状況の判別ができるようになります。

状況の判断ができるといっても、子供であることに変わりはありません。親が観察してあげなければならない面はあります。ある程度、成長した子供には親も安心していることでしょう。親も暇ではないので、子供に接する時間も少なくなります。

子供の話を真剣に聞いてあげていますか?一方的に叱ってはいませんか?子供が言うことを聞いてくれない原因は、すべて子供にあるとは言えません。子供への親の接し方にも大きな原因があるのです。

子供が話している時は、子供と向き合って真剣に話を聞いてあげるようにしましょう。子供が何かを訴えている時は、子供の何らかのサインという場合もあります。子供の話にしっかりと耳を傾けることで、子供が発しているサインに気付きやすくなります。

親は聞き役に徹するだけではなく、子供の話や訴えに対して明確なアドバイスをしてあげましょう。そうすることで、子供も親の話を真剣に聞くようになります。親に対する子供の信頼が厚くなります。

良い親子関係を築くために大切なのは信頼という言葉に他なりません。子供への向き合い方について、親御さんも考えていかなければなりません。

子供の反抗期と軽くあしらったりしては、子供のわがままに拍車がかかってしまいます。子供が言うことを聞いてくれない原因は、大人である私たちの責任でもあります。